お知らせ

今後の予定2018年04月分のツアーについて追記
                                 (2018/01/24)
                                                 始めの一歩"雪山編雪山でストックを使った方向変換
                          
を追記  (2018/01/08)

項目に個人ガイドについて追加(2017/1/15)

新たにページに"山登り"始めの一歩というコーナーを作成
                           (2015/3/12)

八ヶ岳山麓 飯盛山①

日程  2018年02月14日(水)
ルート 平沢登山口~平沢牧場~飯盛山~平沢峠

ステップアップ登山と言うシリーズで八ヶ岳の展望台として有名な飯盛山に行って来ました。
登山口が狭く準備がやり難いので”道の駅南きよさと”で出発準備やストレッチを済ませ登山口には11:00頃に到着。

気温は6℃とかなり暖かく私は結構薄着でスタート。最初はアイゼン無し歩行の練習をして貰いたいのでアイゼンは装着しないで歩き出しますが所々凍っていると所も有るので慎重に慎重に。^:^
積雪は20cm位ですが雪質が軽くサラサラで歩きやすいです。
30分ほど歩いた所でアイゼンを装着。家でしっかり練習してきたのでしょう、多くのお客様がスムーズに装着完了。更に1時間ほど歩くと東屋の有る尾根に到着。
写真では見ず難いかも知れませんが奥の方に富士山も見えます。

そこからは気持ちの良い尾根歩きが続き南アルプスも顔を出してくれました。
飯盛山には13:30頃に登頂、この山は1600mほどの山ですがミニ独立峰なので風が強い事や日当たりが良いので有ご覧の様に道標周りにはほとんど雪は有りません。

その分ここからの展望はぴか一で写真は金峰山方面勿論これ以外にも八ヶ岳、南アルプスや北アルプス、浅間山などなどまさに360度の大展望を楽しみました。

少し風が有るので下の広場に移動短めの休憩後、平沢山のトラバースルートへ、この間が1番の難所か?日当たりが良いので泥んこ状態、ここで転ぶとバスに乗せて貰えないかもと冗談交じりで慎重に、アイゼンはこの泥んこでもかなり有効でした。
日当たりの良い広場で暫し休憩。私が雪の上で人型を作ってみましたが出来栄えはどうでしょうか?


平沢峠に到着。もう15:00になるのに駐車場からでも八ヶ岳はご覧の様に良く見えました。

参加の皆様お疲れ様でした。この時期としては暖かくしかも空気が澄んでいるので大展望も楽しめ必要な積雪量も有り何度もここには来ていますがこれほどのベストコンディションは滅多には有りません。
これで雪山が大好きになってくれると良いのですが。(^0^)

じゃがりこで作るポテトサラダ

カルビーのじゃがりこでポテトサラダが作れる事は山屋さんの間では有名な話しですが今回は写真のサラダ味・じゃがバター味・チーズ味でどれが1番美味しいのかと,最近スパーで見つけたじゃがマッシュ(これもカルビー社)なる物の味も確認したくて試作して見ました。

まず原材料名を確認するとじゃがも・植物油・ニンジン・パセリ・胡椒等々まさにポテトサラダそのものじゃん(^:^)
じゃがりこでの作り方は実に簡単でコッフェルなどの少し硬い容器にじゃがりこを入れてお湯を適量入れたらスプーン等でひたすら潰すだけ、たったそれだけで美味しいポテトサラダになります。
どうせ潰すのですから潰れていても問題ないので私はジプロップに入れて持って行っています。
マッシュポテトの素でも良いのですがこちらはやはり牛乳を入れないと味がイマイチですがじゃがりこなら大丈夫。

さて肝心のお味ですが私的には1位じゃがバター2位サラダ3位チーズの順番でしょうか?好みは有るかと思いますがチーズは何か違うような・・・
じゃがバターとサラダは味は似ていますがじゃがバターの方が少し濃厚かも?

私に取って新しいじゃがマッシュはパウダーなので軽く混ぜるのも楽で味もほぼ完璧。勿論私に取っては完全優勝でした。圧倒的にじゃがりことはキメの細かさが違いむしろ歯ごたえが欲しい人には物足りないかも知れません。価格的にも安いスーパーなら150円位だったかな?

今後はじゃがりこではなくこちらのじゃがマッシュを使う事になりそうです。写真のようにちょっとキュウリやハムを混ぜただけでかなり豪華になりますのでチャンスが有れば是非山で試して見て下さい。(^0^)

秋から始める 沼津アルプス③

日程  2018年01月17日(水)
ルート 沼商~徳倉山~志下峠~御前帰

3回目の沼津アルプスです。前回のお客様には申し訳ありませんが今回は快晴で天気的にはこれで2勝1敗と言う感じです。(^0^)
今日は週末の新宿発なので少し到着までの時間が余分に掛かるとかなと思っていましたが高速も順調でほとんど前回と変わらない時間に到着出来ました。
このコースの最初のポイントの徳倉山の登りもゆっくり歩いたので全員難なくクリヤー頂上からは休暇明けの富士山も姿を見せてくれました。


降り方の簡単なレクチャーをして速実践。まだ慣れないお客様も少しいましたがこちらも問題なく峠へ到着です。
その後も何箇所かのアップダウンを繰り返す事で皆さん段々上達してきました。やはり繰り返しの実践が1番上達への近道ですね。(^:^)
千金岩で写真タイムを済ませ、その先の日当たりの良い大トカゲ場(大トカゲがひなたぼっこするに良いとかが名前の由来かな?)で海を見ながらサンドイッチでランチタイムです。


その後も志下峠から御前帰に14:00位には予定通り下山。楽しい日だまりハイキングが出来ました。
今回はこの沼津アルプスの最高峰の鷲頭山には行きませんでしたのでトレーニングをしっかりしてチャンスが有れば是非チャレンジしてみては如何でしょうか?
この写真は帰りの御殿場付近を走るバスの車中からの富士山ですが午後なのに綺麗に見えていました。富士山はやはり美しい山ですね。



次回は読図でちょっと難しいですが皆さん頑張りましょうね(^0^)V

八ヶ岳集中登山

日程  2018年01月20日(土)~21日(日)
ルート 各グループ別  ①赤岳・②石尊稜・③大同心南稜・
               ④周辺散策・⑤硫黄岳

所属山岳会の例会山行で総勢18名と言う大勢で八ヶ岳に行って来ました。

20日(土)

原村に別荘を持っている先輩宅で前泊、夜中の2:00まで盛り上がってしまい全員寝不足の中出発。(^^>"
私達は後輩女子の4WDに金属チェーンと完璧なので美濃戸まで車で入りましたが雪道の運転は何故か私?
入山日はご覧の様に素晴らしい快晴で全然寒く有りません。


ほぼコースタイムの2時間で赤岳鉱泉に到着。しかし今回の担当リーダーは下の美濃戸口からフル装備で2時間半で到着嫌々ご立派ですな。取りあえず主立ったメンバーが揃ったので集合写真など撮って見ました。


その後はジョウゴ沢へ移動、アイスクライミングの経験の無いメンバーに体験会をして皆で楽しく時間を過ごしました。


14:30頃にテント場に戻り4張りのテントに分散スタートが早い為かなり長めの宴会に突入。それでも寝不足の為早めに就寝です。

21日(日)

バリエーションに行くメンバーはかなり早めには出発しましたが、私は今年入会した男子を中堅の女子と硫黄岳に同行するだけなので7:20にノンビリ出発です。
晴天の中新人さんとは言え体力はバッチリなので至って順調写真は赤岩の頭付近からの阿弥陀岳と赤岳です。


その他には南アルプスや中央アルプス・御岳や北アルプスの山々が見えます。
幾ら暖かいとは言えそこは厳冬期の八ヶ岳ですから頂上付近は風が有るので雪は飛ばされ地面が出ています。証拠写真を1枚。


風でかなり寒いので早々に下山開始、風の弱い所で休憩後、鉱泉に戻りますが何とビリ2バリエーションのグループにも遅れを取ってしまいました。(^:^;
テントを撤収して美濃戸へ。帰りには”道の駅小淵沢”で温泉と美味しい蕎麦を楽しんで何故か全く渋滞のない高速で無事神奈川県へ。

参加の会員の皆さんお疲れ様です。特に今回の担当リーダーや各係の皆さんご苦労様でした。m(_ _)m私も良いメンバーに囲まれ楽しい例会山行となりました。

秋から始める 沼津アルプス②

日程  2018年01月17日(水)
ルート 沼商~徳倉山~志下峠~御前帰

2日連続の沼津アルプスですが今日は前日の快晴とは違い小雨の中でのツアーとなってしまいました。
現地で雨具を着るのは大変なので足柄SAで殆どのお客様は雨具やザックカバーを着けて準備OK。

雨は降っているものの気温は低くないのでそれほど寒くは感じません。雨具の中はかなり薄着でも最初の徳倉山の急登で少し汗をかいてしまう位でした。
本日は富士山は外出中で見る事が出来ませんので代わりに可愛い手作り道標をパチリ。

徳倉山からの急な降りはかなりのモノで雨で濡れた斜面では安全第一ゆっくり降りていきますが怖がるお客様も少なく至って順調。皆さん結構やるじゃん(^0^)

その後も幾つかのピークを登ったり降ったりしながら千金岩へ到着。ここからは海まで近いお陰で視界はマズマズで淡島も見えました。
本来何ヶ所もビューポイントが有るのですが今日はちょっとだけ見てほぼ通過?その内の1つさざなみ展望台のかんばんです。

12:20になってしまったので雨の避けられる木の下で短時間でのサンドイッチランチ。最後の志下峠から余り良くない登山道も全員怪我も無く御前帰に下山出来ました。
参加の皆様雨の中お疲れ様でした。登山は晴れているのに越した事は有りませんがトレーニングと言う観点からは今回の雨の為滑り易いルートを確実に降れた事は大変な自信に繋がると思いますし、私の目から見ても成長がはっきり見る事が出来講師としてもとても嬉しく感じました。
今後の成長が益々楽しみです。

お詫びm(_ _)m
植物ネタを幾つか自慢げに話しましたが結構間違いだらけでした。

①写真の木をタダキと言いましたが正しくはカゴノキと言うそうで大きくなると木の皮がシカの子の模様になる所から付けられたそうです。原因は忘れまいとボイスレコーダーに録音しましたが音が良くなく私が聞き間違えたようです。
あとマメシダと言いましたが正確にはマメジダ或はマメゴケなどと呼ばれている様です。やっぱ苦手なものは覚えれずダメですね(^:^;先輩講師に聞いたアオキの話も怪しいので調べようかな・・・

秋から始める 沼津アルプス①

日程  2018年01月16日
ルート 沼商~徳倉山~志下峠~御前帰

秋から始める登山教室で晴天の沼津アルプスに行って来ました。
バスを降りストレッチ後舗装路の急登から始まり小さな峠に到着しましたが、更に登山道の急登ですが講習を交えて行ったので以外に楽勝で徳倉山に到着。本日で1番の頑張り所ですが頂上からはご覧の様に富士山もバッチリ。


少しの休憩で今度は急な下りの開始。出来るだけロープを使わず慎重に降りて貰いました。
そこからは登ったり降ったりの連続ですが標高差が少ないのでこちらも割とスムーズ。途中の千金岩の有る所からは沼津湾がよく見えますが波1つ立っていません。因みにお客様にお金持ちになるかもと言いましたが調べたらここからの景色が値千金に当ると言う意味だそうです。
m(_ _)m


更に20分程歩いた展望の良い所でランチタイム。本日のランチは珍しくギッチリ入ったご覧のサンドイッチでした。


それからも陽だまりハイクで志下峠にぼたもち岩なるものが有りましたが私的にはちょっとイマイチかな。


ここからは御前帰には40分程歩くとバスが待機していてくれて本日の行動時間5時間のツアーは無事終了。

参加の皆様お疲れ様です。天気も良く楽しかったと思いますがちょっと物足りなかったのではないでしょうか。
また次回会えること楽しみにしています。(^0^)